ANAマイルを貯めていろんなところに行きたい

兼業主夫的フリーランスががんばってマイルを貯めていろんなところに行きたいブログ

白地図色ぬりアプリ「Mark O' Travel」

旅行好きの人のなかには、自分の旅行の記録をつけたり、それを地図に落とし込んだりといった作業が好きな方も多いと思います。私がまさにそうなのですが、自分の行った都道府県を白地図で塗りつぶしたりといった作業が、小さいころから大好きな人間でした。

そんな人は世界でも割といるようで、iPhone対応のiOSアプリでも白地図の塗りつぶしアプリはいくつか配布、販売されています。そんな中から、いくつかのアプリを使ってみた私が「これだ!」と思ったアプリをご紹介します。

それがこの、「Mark O'Travel」です。

Mark O'Travel - あなたの旅行マップ。

Mark O'Travel - あなたの旅行マップ。

  • Sergei Shpygar
  • 旅行
  • 無料

翻訳が怪しいところもありますが、一応日本語にも対応しています。このアプリの面白い点、便利な点を以下に紹介していきます。

色ぬりの対象となる地域のレベルが変更できる

このアプリでは自分が色ぬりの対象とする白地図の区切りの細かさを6段階で切り替えることができます。それぞれ「国連加盟国」(195)「主権国家(205)「移入地域」(256)「属領」(266)「遠い地域」(278)「旅行者クラブ」(325)と名前がつけられており、括弧内の数字はその区切り方において対象となる地域の数を表しています。

例えば、国連加盟国を選択した場合、国連加盟国195カ国に加え、オブザーバー国であるパレスチナローマ法王庁(=バチカン市国)が塗り分けの対象になります。

主権国家を選択した場合、それに加えてアブハジアコソボソマリランド、馴染みの深いところでは台湾といった、国連に加盟してはいないものの、実際には独立していたり、独立性の高い地域が塗り分けの対象に加えられます。

移入地域を選択すると、主権国家に加えてマカオ、香港といった地域、属領であるグリーンランドジブラルタルニューカレドニアなどの地域が追加されます。

遠い地域を選択すると、北極、南極、南極大陸といった極地のほか、ポルトガルアゾレス諸島、マデイラ、スペインのセウタ、メリリャおよびカナリア諸島といった本国から離れた地域が塗り分けの対象として登場します。

もっとも塗り分けの細かな旅行者クラブでは、さらに、UAEのそれぞれの首長国、イギリス内部のスコットランドイングランドウェールズ北アイルランドといった国家、チベット、ハワイなど、色分けマニアの旅行者が喜びそうな地域が別の色塗り範囲として設定されます。日本でも小笠原と琉球諸島が別枠で設定されています。とはいえ、小さすぎて色を塗っても地図には反映されないのですが。

下の2枚のスクリーンショットは、私がこのアプリを使って色ぬりをした結果を、上が「国連加盟国」下が「旅行者クラブ」の設定で表示したものです。

f:id:otoya_kyo:20170612103218j:plain

f:id:otoya_kyo:20170612103226j:plain

東アジアの色が変わっているのは設定の問題なので置いておいて、一目で違いがわかるのはチベット地域です。上の地図では中国の一部として赤く色が塗られていますが、私はチベットには行ったことがないので、下の写真では塗り残されています。また、少し分かりづらいのですが、上の地図ではモロッコとして西サハラ地域も色が塗られていますが、下の写真では塗られていません。

ステータスによって塗る色を変えられる

多くの白地図色塗りアプリでは、「塗った」か「塗ってない」かの2通りの設定しかできないのですが、このアプリでは「に住んでいた」「行くへの計画」「行ってみたい」「訪れ」「を通り抜けた」「そんな筈はありません、今までに」、さらに何も塗らない、という7つのステータスで塗り分けることができます。日本語への翻訳はかなりおかしいんですが。

要するに、住んだことのある国、行くことを計画している国、行ってみたい国、行った国、通り抜けだだけの国を塗り分けることができるわけです。最後の「そんな筈はありません、今までに」だけは塗らないこととの使い分けがわかりませんが、絶対行きたくない国とかそういうのなんでしょうか。

白地図塗り族には、トランジットで空港に降りただけの国は塗るべきか塗らないべきか……とか、新幹線で通り抜けただけの県は塗るべきか塗らないべきか……といった、はたから見ると限りなくどうでもいい共通の悩みがあるのですが、このアプリならば「を取り抜けた」で記録をつければ解決です。便利。

行った回数によって色を濃くできる

初期設定では色の濃さは1段階なのですが、設定を変更することによって、5段階くらいで色の濃さを変更できるようになります。このアプリでは、それぞれの国、地域に対して旅行した日程を記録することができるのですが、その記録の個数に応じて色の濃さが変わるようです。

個人的には、旅行回数でなく、滞在日数に応じて変わってくれるといいのに、と思うのですが、ここまでやってくれるアプリは少ないので、贅沢な要求ではあります。

ここまでの機能はすべて無料で使えます。さらに……

地域地図を購入することで県レベルの塗り分けもできるようになる

これです。この機能が欲しかったんです。このアプリでは地域地図をアプリ内で購入すれば、その国の県レベルの白地図を塗り分けることができるようになります。もちろん、7種類のステータスによる塗り分けや、行った回数によって色が濃くなる設定も国レベルと同様に使えます。

現在は99の地域地図が用意されており、1枚ずつ購入するとそれぞれ120円かかりますが、全ての地図をセット購入するとなんと一括で480円。1枚あたり5円弱! 圧倒的に一括購入がお勧めです。レソトの県レベル地図とか、一生使うことはないかもしれないなあ、という地図も付いてきますけれど。あって困ることはないですし、使うかもしれないですし。

f:id:otoya_kyo:20170612105317j:plain

私の日本の地域地図はちなみにこんな感じ。黄緑が訪れたことのある道府県、緑が住んだことのある都県、黄色が通過したことがあるだけの県です。四国と山陰が穴になってますね……

スペインだとこんな感じ。

f:id:otoya_kyo:20170612105511j:plain

中国だとこんな感じになります。中国広いなあ、というのが実感としてわかります。真ん中とか北のほうとか全然行ってません。

f:id:otoya_kyo:20170612105609j:plain

世界地図だけなら無料で使えますし、iPhoneiPadを使っている、白地図塗り分け大好きマンの諸姉諸兄は試しにインストールして使ってみることをお勧めします。